地下鉄の最終列車に 流れこむ
よりかかる場所は... どこにもないな

ポーカフェイスな人の群れは
ゆらゆらと 揺れている
僕もそんな一匹に変わるよ

どこへ向かえばいいのか?
懲りず 逆らってはまた 元へ戻るよ  

流れて行く時は 僕を どこへ 連れて行くのだろう?
思い出を 一欠片 ぎゅっと 握りしめて
遠ざかる街の光 一人 二人とまた居なくなって
がらんどうの列車で じっと 眠るように 春を待ってる

さりげなく 時間は 確かに 進んでる
見た目より流れは 随分早くて

力尽きて…

開いたドアから 流れ込んでくる 潮の匂い
生まれた町の 景色がフッと 浮かんでは消えた
濁った世界で 呼吸を殺して やっとこ餌にありついて
僕はまだ生きてる

流れて行く時は 僕を どこへ 連れて行くのだろう?
思い出を 一欠片 ぎゅっと 握りしめて

何気ない時を 逆らって 迷って 続いていくのだろう
大切な 一欠片 きっと 他にない物
繰り返す度に シワが増えて 僕もいつか砂になって
生まれた場所へ還るだろう その日まで 泳ぎ続ける

words.music By.Joey
arrengement By.Strip Chameleon